■プロフィール

thepowerstation

Author:thepowerstation
40代の普通?のサラリーマンの趣味に関するブログです。フラット・コーテッド・レトリバーのドナと、妹のイヴ、ドナの娘のライム。そして趣味のバイクを中心にした日記です。
愛車はスズキのジェベル250XCです。

■ペットくすり.com

ペット用の薬なら

■ペット用医薬品

ノミ・ダニ対策に

ジェネリック医薬品

■にほんブログ村 犬ブログ

にほんブログ村へのリンク

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

フラット・コーテッド・レトリーバーのカテゴリーに登録しています。

■獣医師広報板

獣医師によるペット総合サイトです。犬・猫の情報だけでなく、セミナー等の情報も豊富。

■カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ワンコ時計

■月別アーカイブ

■FC2カウンター

■検索フォーム

■カテゴリ
■大型犬向けにおもちゃのご紹介です

■にほんブログ村ランキング

■リンク
■QRコード

QRコード

IRC GP22 ジェベルに装着! とMT90のインプレ
初のタイヤ交換です(しかもリヤ)。
オフ乗りならばタイヤ交換ぐらい出来ないととは思っていたんですが、
なかなかその機会に恵まれませんでした。
なにせ以前履いていたピレリのスコーピオンMT90が減らないのなんの。
毎日通勤に使い、時々ツーリングと言う使い方で2年持ちました。
ダンロップのD605は半年毎に交換していましたので、
それと比べるとコストパフォーマンスの高さは段違い。
その分タイヤは固く、温まるまでは傾ければすぐに滑り出しました。
まあまあ林道も走れましたし(通過できたし?)、なかなか良いタイヤでした。

しかしそのタイヤも今や2部山。砂利を走ってヒヤッとしましたし、
ついに交換の時期がやって来たと言う事です。

さあ、これを参考にいざ交換
Easy dirt bike tire change instructions
http://www.youtube.com/watch?v=qw0B2gIwbBg&feature=related
めっちゃ簡単そう

まずはリアのアクスルを外すため、アジャスターの位置を記録。
張り調整は今回必要ありません。
IMAG0341.jpg

リアのアクスルを抜き、カラーを点検。きったねぇ~。
kapler.jpg

パーツクリーナーで汚れを落とします。
次にハブのベアリングをチェックしておきます。
もうすぐ4万キロの車体で一度もチェックしてないと思われるので。
IMAG0346.jpg

う~ん、どうとらえればいいんでしょう。
もちろんベアリングのカバーのカバーは汚れで真っ黒でした。
しかし直にベアリングのカバーを開けてもさほど汚れているようには見えず、
グリスも乾いて空っぽということもない。
とりあえず、リチウムグリスを塗りたくり、余分は拭き取って元に戻しました。
反対側も同様です。

これが今回とりつけるIRC GP22
IMAG0344.jpg

先ずは古いタイヤを剥きましょう。
その前にバルブキャップを緩め、ムシも外しておきます。
しかし長いムシ回しは使い辛い。安かったもんで・・・
IMAG0348.jpg

ここからは極端に写真が減ります。だってそんな余裕が無かったんだよ~。
先ずはビードを落とし(ありゃ簡単)、
しかし最初のタイヤレバーが引っかからない・・・・
あれこれしてようやく一捲り。
あとは3本ほどレバーを差して、、、、、ビデオの様にはいきません ^( ̄□ ̄#)^ψむき~
うんうん言いながら何とか片側を捲ることに成功。
IMAG0350.jpg

チューブを引っ張り出すと、結構きれい。
バルブの付け根が錆びているかと思いきや、これも綺麗。
交換しなくてもいいかなぁ?と思ったものの、2年ものだし交換が吉でしょ。

ホイールとタイヤを分離するため、もう一方のビードも捲ります。
タイヤを立ててレバーで大きく捲り一気に体重をかけます。が・・・・・
固い・・・・・・・・・(;´ρ`) グッタリ
左の手首を痛めているので力が入らず、まさにウンウン言いながら分離に成功!
IMAG0352.jpg
あーしんど (; ̄д ̄)ハァ

ここから折り返しです。リムに新しいタイヤを入れ・・・・・入れ・・・・・・・
結局外す時と同じだけ時間がかかってしまいました。
次にチューブをいれます。最初にバルブをリムの穴に通して・・・・・・・・・・・・・・・
これが通らないんですよ!
頭の中では簡単な作業の分類になっていたんですが、いやはや一番時間を食った作業です。
リムの穴が見えている所からバルブを差すと、チューブがタイヤの中に入っていかない。
タイヤに入れてから差そうと思うと指が入らない。
タイヤレバー2本を使ってなんとか隙間を作り指を使って挿入できました。
専用工具があると言うのが納得いきます。

さあ、あとは半分の組み付けのみ。
その前に少し空気を入れてチューブのよれをとります。
結果的にチューブを噛まずにすんだのはこれが良かったんだと思います。

やはり最後に手こずりましたが、なんとか組み付けに成功!
空気を入れてミミを出します。
空気が漏れる気配もなく、順調かと思いきや、
ビードの一部が上がって来ないんですねぇ~、これが。

空気を抜いては入れを2度。空気圧も3.5キロまで入れましたが変わらず。
これ以上自転車の空気入れではやってられん。
馴染のスタンドへ廃タイヤと共にゆっくり走って行きました。
最初はスタンドでもミミを出せず、思い切って5キロまで入れてようやく
”ポンッ!ポンッ!”と2ヶ所のビードが上がりました
ヾ( ̄∇ ̄=ノ
さすがにプロの道具は違う。

暗い所で写したんですが、新旧比較。
IMAG0353.jpg

最後に一度自分のバイクで見てみたかった構図
IMAG0349.jpg

あ~疲れた。来週こそ林道へ!
あ、来週は予定が・・・・・・・・・・

スポンサーサイト
バイク | 00:03:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad